スモークフリーニュース

2016年02月06日

「受動喫煙防止」希望し寄付 美唄市にふるさと納税相次ぐ|北海道新聞

道内の自治体で初の「受動喫煙防止条例」を制定した美唄市に、受動喫煙防止への活用を希望する、ふるさと納税が相次ぎ寄せられている。市議会で条例案が可決された昨年12月11日以降、条例に関連して集まった寄付は道内外から8件、計32万円。豪華な返礼品を用意し、寄付の獲得競争を展開する自治体も目立つ中、専門家は「制度の本来あるべき姿だ」と評価している。

続きはこちらから>>>
受動喫煙防止」希望し寄付 美唄市にふるさと納税相次ぐ|北海道新聞 2016年2月6日