スモークフリーニュース

2016年01月05日

公共施設を全面禁煙、ホテル分煙...罰則科す新法|読売新聞

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、政府が受動喫煙規制のための新法の整備に乗り出すことが分かった。

スポーツ施設や学校、病院などの公共施設を全面禁煙に、レストランやホテルなど不特定多数の人が利用する施設は喫煙スペースを設置するなどして分煙とするよう、施設管理者らに義務づける。違反者への罰則も盛り込む方針だ。


続きはこちらから>>>
公共施設を全面禁煙、ホテル分煙...罰則科す新法|読売新聞 2016年1月5日