スモークフリーニュース

2015年12月16日

禁煙治療は自己責任?波紋広がる保険適用拡大 8割超「意志のみで成功」のデータも|産経ニュース

厚生労働省が、ニコチン依存症を対象とした禁煙治療の公的医療保険の適用を20代の若年層にも拡大することを検討している。将来的な医療費削減を狙ったものだが、自己責任ですべき禁煙を保険の対象とすることに疑問の声も出ている。

若年層のニコチン依存症治療について話し合われた10月21日の中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)。健康保険組合連合会副会長の白川修二委員は「禁煙の問題は基本的に自己責任の問題。使い診療報酬で手当てするということ自体がいかがなことかと思います」と真っ向から反対する意見を述べた。


続きはこちらから>>>
禁煙治療は自己責任?波紋広がる保険適用拡大 8割超「意志のみで成功」のデータも|産経ニュース 2015年12月16日