スモークフリーニュース

2015年12月02日

病院 全面禁煙51% 「受動」防止策に不備|東京新聞

国内全ての約八千五百病院(ベッド数二十床以上)のうち、受動喫煙を防止するため建物を含む敷地内を全面禁煙としているのは約五割にとどまることが、厚生労働省の調査で分かった。建物内だけを禁煙としているのは約三割。残りの二割も喫煙場所を限定するなど何らかの対策を取ってはいるが、患者の健康をサポートする立場の医療機関として対応の不備が目立つ。

国内では二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックまでに、公共の場所での全面禁煙を定めた条例を制定するよう求める声が出ており、医療機関にも受動喫煙対策の徹底が求められそうだ。

続きはこちらから>>>
病院 全面禁煙51% 「受動」防止策に不備|東京新聞 2015年12月2日