スモークフリーニュース

2015年10月13日

喫煙が老化を促進するメカニズムの一端を解明―阪大・中西香織氏ら|財経新聞

大阪大学の中西香織助教・瀧原圭子教授らの研究グループは、喫煙習慣が血中の老化関連分子に影響を与えることを発見した。  

喫煙が様々な疾患や健康障害の危険因子であることは広く知られており、禁煙を推進することは疾病予防の観点から極めて重要であると考えられている。実際、喫煙者の平均寿命は非喫煙者と比較すると10年以上短く、喫煙は老化を促進する一因と言われいるが、喫煙によって老化が促進される詳細な機序についてはこれまで明らかになっていなかった。


続きはこちらから>>>
喫煙が老化を促進するメカニズムの一端を解明―阪大・中西香織氏ら|財経新聞 2015年10月13日