スモークフリーニュース

2013年05月16日

川崎区の商店街、たばこルールに"粋"な表示 浮世絵を基にステッカー作製/川崎 | カナロコ

 たばこに関する店舗のルールが一目で分かるよう、川崎市川崎区の商店街が店頭表示用のステッカーを作製した。浮世絵を基にデザインしたもので、「喫煙可」「分煙」「時間帯喫煙可」の3種類を用意。各店が取り組み状況に応じて使用する。

 川崎中央商店街連合会、川崎駅前商店街連合会、川崎たばこ商業協同組合の3者で進めている「分煙プロジェクト」の一環。県受動喫煙防止条例は施行から3年が経過した本年度、見直しが予定され、それを機に条例の順守を再度徹底しようと考案された。


>>>続きはこちらから
川崎区の商店街、たばこルールに"粋"な表示 浮世絵を基にステッカー作製/川崎 | カナロコ