スモークフリーニュース

2015年07月14日

がん発症後でも決して遅くない「禁煙」 術後回復や合併症にもマイナスの影響|産経ニュース

がんの予防に禁煙が有効なのは周知の事実。一方、がんになってからの禁煙もとても大切なのに医療面の支援は遅れていた。「まさか吸っていないだろう」という医療者の思い込みに加え、患者側の罪悪感や「いまさら...」という意識も障害になる。がん患者の生存期間が延びているのを受け「禁煙は決して遅くないことをもっと啓発して」との声も強まっている。

続きはこちらから>>>

がん発症後でも決して遅くない「禁煙」 術後回復や合併症にもマイナスの影響|産経ニュース