スモークフリーニュース

2015年05月21日

日本学術会議が都に受動喫煙防止条例化提言|産経新聞

東京都における受動喫煙防止対策検討会が暗礁に乗り上げている中で、

日本学術会議が緊急提言として東京都に受動喫煙防止条例の制定を求めています。

 

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催。

これまで、オリンピック開催国は全て受動喫煙防止法・対策を敷いています。

スモークフリーオリンピックの実現はWHOとIOCによる要請です。

世界に恥じないオリンピック・パラリンピックを開催するためにも、受動喫煙防止条例・法の制定は必須でしょう。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、日本学術会議は20日、

公共の場での受動喫煙を防止するための条例をつくるよう都に提言した。

脱タバコ社会の実現分科会の矢野栄二委員長は「建物内の全面禁煙と罰則が必要」と述べた。・・・

 

続きはこちらから

日本学術会議が都に受動喫煙防止条例化提言 産経新聞 5月21日(木)