スモークフリーニュース

2012年09月28日

誰もが気持ちよく過ごせる街を目指す。神戸南京町で"分煙タウン化"が進む| マイナビニュース

今年3月、南京町のある兵庫県では、受動喫煙防止条例が成立した。これにより、官公庁や病院、学校といった施設は全面禁煙に、百貨店やスーパー、大型の飲食店(客席面積が100平方メートル超)なども、喫煙室の設置による分煙が義務化される。また、小規模の飲食店に関しては、店頭に喫煙可能表示をすることで喫煙を認められる。同様の条例は神奈川県に続き、2例目という。


>>>続きはこちらから
誰もが気持ちよく過ごせる街を目指す。神戸南京町で"分煙タウン化"が進む| マイナビニュース