スモークフリーニュース

2014年11月17日

受動喫煙対策 法規制を論議する好機だ|西日本新聞

喫煙者本人ではなく、周囲の人がたばこの煙を吸い込むことを「受動喫煙」という。直接吸う人と同様に、さまざまな健康上のリスクがあるとされる。
この受動喫煙の対策が2020年に五輪・パラリンピックを開催する東京都の大きな「宿題」となっている。世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)が「健康なライフスタイルに関する協定」を結び、開催都市に対策推進を求めているからだ。


>>>続きはこちらから
受動喫煙対策 法規制を論議する好機だ|西日本新聞