スモークフリーニュース

2014年10月13日

大切な人の健康寿命までも縮める喫煙の恐怖|ガジェット通信

10月1日の厚生労働省の発表によると、介護を受けずに日常生活を支障なく送れる期間を示す「健康寿命」は、2013年は男性71.19歳、女性74.21歳でした。10年に比べ、それぞれ0.77歳、0.59歳、伸びました。 しかし、言うまでもなく、この数字は平均値であり、健康寿命が長い人もいれば、短い人もいます。健康寿命を縮めるNG習慣は様々ですが、その中でも最も関連する範囲が広く、また、膨大な健康被害を起こす最大のものは、やはり「喫煙」でしょう。


>>>続きはこちらから
大切な人の健康寿命までも縮める喫煙の恐怖|ガジェット通信