スモークフリーニュース

2011年10月31日

「卒煙」支援で企業と連携 神奈川県が連絡組織、職場に「塾」:日本経済新聞

神奈川県は禁煙に取り組む県民への支援を強化する。26日に県内企業と情報交換などを行う連絡会を立ち上げる。参加企業が継続的に禁煙に取り組むための県の独自プログラムを導入することなどで、職場での禁煙を広める。県は昨年4月に公共的施設での喫煙を規制する受動喫煙防止条例を施行したが、喫煙する従業員に禁煙を働き掛けている企業は5割未満にとどまる。企業との連携を通じて「卒煙者」の拡大を目指す。  続きはこちらから 日本経済新聞