スモークフリーニュース

2015年07月21日

タバコOKだったスタバ、いかに完全禁煙へ移行成功?「客を選ぶ」スゴい戦略|Business Journal

「禁煙にしたら、タバコを吸いたいお客が逃げてしまう」 

「禁煙になるとお店の売り上げが減少し、経営が立ちゆかなくなる」

松沢成文代表理事が神奈川県知事時代に受動喫煙防止条例を制定する中で叫ばれた代表的な声です。

 

今回のニュースは皆さんもご存じ、コーヒーで有名なスターバックス。

スターバックスは全面禁煙を導入することで、新しい客層の獲得やコーヒーの香りを楽しむ雰囲気を実現することができました。

 

東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法制定が求められています。

スターバックスの事例は、スモークフリー社会、スモークフリーオリンピックを実現する際の重要なロールモデルではないでしょうか。

 

記事はこちらからご覧下さい。

タバコOKだったスタバ、いかに完全禁煙へ移行成功? 「客を選ぶ」スゴい戦略 Business Journal 7月21日(火)