スモークフリーニュース

2016年10月15日

日本は世界「最低」の評価 「受動喫煙」対策、東京五輪までに「向上」なるか|J-CASTニュース

厚生労働省が、他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防止するため、飲食店やホテルなどの建物内を原則禁煙にする規制強化を進めている。


世界保健機構(WHO)の調べでは、世界49か国で、医療機関や大学・学校、飲食店、公共交通機関などで「屋内の全面禁煙」を法制化している。日本では健康増進法(受動喫煙防止法)が2003年5月から施行されているが、屋内禁煙については「努力義務」にとどまっている。


続きはこちらから>>>
日本は世界「最低」の評価 「受動喫煙」対策、東京五輪までに「向上」なるか|J-CASTニュース 2016年10月15日