スモークフリーニュース

2016年04月20日

ニコチン依存の仕組みを知って、今こそ禁煙外来へ!|日経Gooday

保険診療で禁煙治療を受けられる医療機関は現在、約1万6000施設(日本禁煙学会調べ)。当初は「禁煙でわざわざ病院に?」と思う人さえいた禁煙外来も、すっかりメジャーな存在になってきた。さらに2016年4月から、34歳以下の人に限り、総喫煙量(1日の喫煙本数×年数)が所定の条件を満たさなくても保険診療の範囲内で治療を受けられるようになり、若年層の禁煙が進むことが期待されている。禁煙外来での治療方法や、タバコを取り巻く社会情勢について、日本禁煙学会理事長の作田学氏にお聞きした。 


続きはこちらから>>>