スモークフリーニュース

2016年02月15日

受動喫煙で子どもが肥満に? 最新の研究で危険性が判明|Forbes JAPAN

受動喫煙 (副流煙) による肺がん、心臓疾患などの発症の危険性は、過去の研究によってすでに明らかになっている。だが、最新の調査の結果、これらは肥満や思考障害の原因になる可能性もあること分かった。

医学雑誌「チャイルド・オビーシティ」 (Child Obesity) に発表された論文によると、受動喫煙は7~11歳の子どもの肥満、思考障害との関連性が疑われる。また、英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」が発行する専門誌「タバコ・コントロール」 (Tobacco Control) に掲載された調査結果によれば、水タバコを提供するバーの従業員にも、受動喫煙による健康リスクが認められた。


続きはこちらから>>>
受動喫煙で子どもが肥満に? 最新の研究で危険性が判明|Forbes JAPAN 2016年2月15日