スモークフリーニュース

2012年01月25日

分煙の手法にはどんな種類があるのですか? | 日経レストラン ONLINE

「お店を分煙にしようと思うけど、知識もないし、どうすればいいか分からない」という方のために、「分煙のギモン解消塾」を開設。分煙ソリューションのコンテンツでも度々出てくる基礎的な内容を中心に紹介します。

ここでは、飲食店の分煙手法を大きく2つに分類して説明します。時間で分ける分煙と空間で分ける分煙です。時間で分ける分煙(=時間分煙)とは、店舗の営業時間を喫煙できる時間帯とそうでない時間帯に分けるもの。ランチタイムを禁煙とし、ディナータイムを喫煙可としているケースが多いようです。比較的小規模な店舗や、夜の時間帯にお酒を提供する店舗において、時間分煙を導入する例が目立ちます。

空間で分ける分煙は店舗を喫煙できるエリアと喫煙できないエリアに区分けする方法。具体的にはパーティションで仕切る、喫煙エリアを個室化するなど様々な方法があります。以下で詳しく紹介します。


>>>続きはこちらから 分煙の手法にはどんな種類があるのですか? | 日経レストラン ONLINE