スモークフリーニュース

2016年11月20日

受動喫煙の場所は飲食店が4割余 対策を強化へ|NHK NEWS WEB

他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙を経験した場所について厚生労働省が調査したところ、「飲食店」と回答した人が4割余りで最も多かったことがわかりました。厚生労働省は健康被害を防ぐため、受動喫煙の対策を強化する検討を進めています。

厚生労働省は受動喫煙などの状況を調査するため、2年に1度、アンケート調査を行っていて、去年11月に全国のおよそ3500世帯から回答を得ました。


続きはこちらから>>>
受動喫煙の場所は飲食店が4割余 対策を強化へ|NHK NEWS WEB 2016年11月20日