スモークフリーニュース

2016年10月13日

厚労省 建物内の喫煙 罰則付きの規制を検討|NHK NEWS WEB

他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐため、厚生労働省は、飲食店やホテルなどの建物内を原則禁煙とし、違反した場合は、管理者などに罰金を科す方向で本格的な検討を始めました。

受動喫煙は、脳卒中や心筋梗塞、それに肺がんなどのリスクを高めるとされ、国内では年間およそ1万5000人が、受動喫煙が原因で死亡しているという推計もあります。


続きはこちらから>>>
厚労省 建物内の喫煙 罰則付きの規制を検討|NHK NEWS WEB