スモークフリーニュース

2017年11月14日

受動喫煙の格差、知識の普及だけでは縮小しない - 東北大|マイナビニュース

東北大学は、宮城県内を対象に、受動喫煙の社会格差を明らかにしたと発表した。 同研究は、東北大学大学院歯学研究科の相田潤 准教授、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の松山祐輔 研究員らの研究グループによるもので、同研究成果は、10月28日に国際科学誌「Journal of Epidemiology」でオンライン公開された。


続きはこちらから>>>
受動喫煙の格差、知識の普及だけでは縮小しない - 東北大|マイナビニュース 2017年11月14日