スモークフリーニュース

2014年07月27日

愛煙家に追い討ちか 7割が「受動喫煙禁止条例」に賛成

世界的な嫌煙ブームに相次ぐ増税と、愛煙家に逆風が続く中、追い討ちをかけるアンケート結果がまとまった。公共の施設など禁煙エリアの拡大にとどまらず、7割以上の人がより一歩踏み込んで「受動喫煙禁止条例」の制定に「賛成」と考えていることがわかった。ライフメディア・リサーチバンクの調査で明らかになった。  調査は20歳以上の男女2000人を対象に実施した。  喫煙経験の有無をたずねたところ、半数以上の55%が「吸ったことはない」と回答。年代が下がるにつれて非喫煙者の割合は増加し、20代では喫煙経験ありが男性で17%、女性では7%と極めて少数となっており、若者の"タバコ離れ"の傾向に拍車がかかっているのがわかる。


>>>続きはこちらから
愛煙家に追い討ちか 7割が「受動喫煙禁止条例」に賛成/エコノミックニュース