スモークフリーニュース

2017年10月18日

企業の22.1%が「全面禁煙」実施、「完全分煙」も5割超。全面禁煙実施、「飲食店」の47.6%が自社業績にマイナスの影響~『企業における喫煙に関する意識調査』|日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』

2005年2月に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」が発効して以降、政府や自治体のほか、企業などにおいても受動喫煙防止対策の取り組みが拡大してきた。また、厚生労働省は喫煙に関して一層の規制強化を立案している一方、緩やかな規制にとどめるべきなどの反対意見も出ている。


続きはこちらから>>>
企業の22.1%が「全面禁煙」実施、「完全分煙」も5割超。全面禁煙実施、「飲食店」の47.6%が自社業績にマイナスの影響~『企業における喫煙に関する意識調査』|日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』2017年10月18日