スモークフリーニュース

2019年09月24日

松本市が10月から駅の広場に指定喫煙所...実態は「禁煙啓発所」|毎日新聞

長野県松本市は10月1日から、愛煙家がたばこを吸うことができる「指定喫煙所」をJR松本駅お城口広場の一角に設ける。ただし、吸うことを奨励する場でなく、実態は「禁煙啓発所」を兼ねる。中でオリジナルの啓発映像を見られるようにして、禁煙を強く促す。

市は10月から受動喫煙防止対策を始め、松本駅前などを防止区域に設定して喫煙を制限する。禁煙を不特定多数に、不特定の場所で呼び掛けるよりも、喫煙者が必ずいる場所をあえて設け、重点的に禁煙啓発を行う。



続きはこちら>>>